5F分析

【PR】このコラムの著者たちがマトリクス(田の字図解)についての秘伝をキンドルにて出版しました【PR】

5F分析(5つのF/five forces)とは、事業戦略は5つの重要な競争要因から導き出せるとマイケル・ポーターが提唱した考え方です。

ポーターは、企業が有利に競争を展開するには、業界内の競争環境を正しく分析することが極めて重要だと指摘しました。というのも、業界内のあり方が、企業の戦略に大きな影響力をもつと同時に、競争ゲームのルールを左右するからです。そして、この業界内の競争環境を正しく分析するツールとして考案されたのが5Fです。

この5F分析は個別企業の戦略を決定するための分析としても使えますが、業界自体の魅力を分析することができます。競争環境といえば競合分析に目がいきがちですが、5F分析のフレームワークを用いることで、単に競合分析するよりも広い観点から業界全体を分析・把握することができます。その業界で最も大きな影響力のある競争要因(競争の第一要因)を把握することが、企業が今後とるべき戦略を考える大きな助けになります。

5つの競争要因とは、以下の5つを指します。
① 新規参入の脅威
② 業界内の競合企業との敵対関係
③ 代替品の脅威
④ 買い手の脅威
⑤ 売り手(供給業者)の脅威





















■新規参入の脅威

新規参入の脅威の大きさは、“参入障壁”の高さで決定されます。参入障壁としては、「規模の経済性が発揮される業界」「製品の差別化がされている」「参入時投資が巨大」「仕入れ先の変更コスト(スイッチングコスト)が巨大」「流通チャネルの確保が困難」「既存企業に独自技術や仕入れ先、有利な立地、助成金、大きな経験曲線効果などがある」「政府の政策」「参入時の報復の大きさ」などが挙げられます。
また、最近では業界の垣根がなくなりつつあります。製造業でも、「bydsign」や「KEYENCE」など生産設備を持たないファブレス経営といった事例が出てきており、どんな業界でも常に異業種からの参入脅威にさらされていると考えたほうがよいでしょう。

■業界内の競合企業との敵対関係

競合同士が激しく対立する業界では企業は超過利潤を得ることが難しくなり、業界の魅力が減ります。企業の対立関係を決定する要因としては、「同業者の規模と数」「業界全体の成長性」「固定コスト、在庫コストの大きさ」「製品/サービス差別化の有無」「生産/供給の調整能力」「競合企業間の戦略的違いの有無」「戦略と成果の因果関係の大小」「撤退障壁の大小」などが挙げられます。
要因の最後にあげた撤退障壁と参入障壁の組み合わせからだけでも、業界に対する示唆を得ることができます。例えば、コインパーキング市場は、土地さえあれば従業員も大規模設備も不要なことから参入が容易であり、土地が更地に近いことから容易に撤退することができます。こういった市場では、景気のアップダウンに応じて参入と撤退が繰り返されるという構造が明らかになります。注意して見てみると、街中のコインパーキングの変動が激しいことと景気と連動していることが分かると思います。

■代替品の脅威

買い手のニーズを満たす別の製品(=代替品)の登場も企業にとっては脅威となります。代替品の価格性能がよい場合、また代替品を提供する業界の利益率が高かったり、代替品の成長によって現在の業界の潜在利益が縮小される場合などは、脅威が大きいといえます。
代替品は同じジャンルのものだけとは限りません。例えば、CDの代替品はMDやMP3というだけではなく、携帯電話もCDの代替品となりえます。両者を「時間を消費するツール」と見ると、相互代替可能な製品として競合することがわかります。実際、音楽CDは、携帯電話の普及によって、売り上げが落ちたと言われます。携帯電話という代替製品の圧力により、競争が激化した結果と言えます。同様にラジオとインターネット(パソコン)も代替品の関係にあると言えるでしょう。

■買い手の脅威

製品やサービスを買ってくれる買い手も自社に大きな影響(脅威)を与える存在です。影響の強さは、買い手の取引交渉力によって決定されます。買い手の交渉力は、「買い手の数(集中度)」「買い手の購買全体に対する取引の比率」「製品/サービス差別化の有無」「買い手側の仕入れ先の変更コストの大きさ」「買い手の収益力」「製品/サービスの品質に対するこだわり」などに左右されます。
これらの要因が強くなると買い手の交渉力が強くなり、業者に対して値引きを強要したり、業者同士を競わせたりするようになります。

■供給業者の脅威

部材や商品の仕入れ先である供給業者(売り手)の脅威も、売り手の交渉力の大きさによって決定されます。その決定要因は、「売り手の数(集中度)」「売り手にとって自社がどのくらい重要か」「製品/サービス品質に対する必要性」「仕入れ先の変更コストの大きさ」などであります。

このように5F分析のフレームワークで業界を分析することで、自社が置かれている業界の構造を理解し、競争の第一要因を特定することができます。次のステップとして、この分析結果をもとに、「3つの基本戦略(コストリーダーシップ戦略・差別化戦略・集中戦略)」を踏まえた企業戦略を策定することが必要になります。
また、5F分析のフレームワークの観点から業界を観察することを通して、なぜ建設業界で談合が多いのか、なぜタクシー業界でドライバーの雇用環境が問題になるのか、なぜ大手家電量販店で家電メーカーの社員が販売員となっているのか、なぜ任天堂DSは品切れが続いても増産しないでいられるのか、なぜ素材価格があがっているのに値上げするものとしないものがあるのか、といった社会的な事象の裏側にある業界構造・特性を考えてみるのも面白いでしょう。

【PR】英語発音DVDを、このコラムの主催者㈱エデュケーションが発売。あなたのビジネス英語の発音をさらにブラッシュアップ!【PR】

 

最終更新 ( 2014/07/29 14:18 )