マズローの欲求階層説

マズローの欲求階層説とは、アメリカの心理学者アブラハム・マズロー(19081970)が提唱した理論で、人間の欲求には5段階の階層が存在し、下層の欲求が満たされると、その上層の欲求が生じるという考え方です。


この5段階の階層は、下層から順に以下のようになります。

(1)生理的欲求
食欲・性欲・睡眠欲等などの欲求で、これが満たされないと生命維持にまで影響を及ぼしかねない根源的な欲求です。

(2)安全欲求
衣類・住居などや、危険の回避など安定・安全な状態を得ようとする欲求で、生理的欲求とあわせて生命としての基本的な欲求になります。

(3)社会的欲求(親和の欲求、所属愛の欲求)
他人と関わりたい、他人と同じようにしたいという欲求や、家族・会社・国家などに帰属したいという欲求です。この欲求は、あくまで生存を脅かされない状態になってはじめて生まれる欲求ということになります。

(4)自我(自尊)欲求
自分が集団から価値ある存在と認められ、称賛・尊敬されることを求める欲求です。この欲求は当然ながら社会的欲求である集団帰属が前提となります。

(5)自己実現欲求
自分の能力・可能性を発揮し、創作的活動や自己の成長を図り、あるべき自分になりたいと思う欲求です。
研究や芸術、平和への欲求なども含まれますが、これはあくまで「自己実現」を求めての欲求であり、他人からの称賛を求める場合は自我欲求となるため、無償性が含まれる点が特徴と言えます。












人間は満たされない欲求があると、それを充足しようと行動しますが、その欲求には優先順位があり、下層の欲求が満たされるとより上層の欲求へ段階的に移行していきます。 このうち、生理的欲求から自我欲求までの4階層を「欠乏欲求」と呼び、これが満たされた人は、自己実現を追求する「成長欲求」の段階へ移行すると定義されています。「欠乏欲求」の4階層は満たされると、満足しそれ以上求めることをやめてしまいますが、「成長欲求」は上限がなく、求め続けます。そのため、継続的な変化を求める場合は、「欠乏欲求」ではなく、「成長欲求」を刺激する必要があります。

このマズローの考え方は、ビジネスにおいても有用です。特に部下指導を行う際、上司や先輩は、指導をする際に、「もっと成長する意欲を持ってほしい」と思いがちです。しかし実際は、より下層の段階で不満を持っている場合は、その欲求が何らかの形で解決がされていない限り、より上位の欲求を持ちえないものなのです。そのため、指導をする際は、どの段階に不満を持っているのかをしっかり把握する必要があります。

また、このマズローの理論は、マーケティングにおいても活用できます。誰のどんな欲求に問いかける商品なのかを意識することで、マーケティングの4Pの設計が変わってきます。自社の商品・サービスはどの段階の欲求に刺激を与えるべきかを意識することで、企業の打つべき施策が決定するのです。

ただし、必ずしもこの理論だけでは説明できない場合があることに注意が必要です。

例えば宗教家などが、生理的欲求や安全欲求を満たさなくとも自己実現を目指そうとする場合や、労働者が社会的欲求を満足しているにも関わらず、上位層への欲求を持たない場合などがあります。

したがって、皆さんのキャリア構築や、部下育成、マーケティングなどにこの理論を応用する場合は、状況に応じて柔軟に対応することが必要といえるでしょう。

最終更新 ( 2010/10/29 09:30 )