ピグマリオン効果

ピグマリオン効果とは、人の成長は周囲の評価や扱い方に影響を受けるとし、「周囲がプラスの印象を抱くと、実際にプラスの方向へと結果が現れる」という教育心理学分野における法則です。

ピグマリオン効果は、1964年にアメリカの教育心理学者R.ローゼンタールが行った実験で実証されました。
彼は、ある小学校で「ハーバード式突発性学習能力予測テスト」と名付けたテストを実施しました。テストの内容は、実際にはごく一般的な知能テストなのですが、教師には今後の成績の向上を予測できる特殊なテストであると伝え、テストを受けた生徒の中からランダムに抽出し、学級担任に「この生徒は今後成績が伸びる」と伝えました。

そこで選ばれた生徒とその他の生徒の成績の伸びを比較したところ、選ばれた生徒の方がより高い伸び率を示しました。

この実験によって「人は周囲から期待をされると、期待をされない場合よりもより成果を出す」という結論が導かれました。

これだけ聞くとまるで魔法のような法則ですが、実は「期待」と「成績アップ」にはきちんとした因果関係があります。

教師は、成績が伸びるはずだと思っている生徒の成績が伸びないと、自分の教育方法に問題があるのではと危惧し、より良い教育方法へと見直しをするようになります。そして実際にその生徒たちが答えられないとヒントを与えたり、より重点的に教えたりする傾向があったそうです。

また、生徒たちも学級担任から期待のこもった眼差しを向けられたことにより、期待を意識して期待に応えようと努力するようになり、実際に成績が向上していきました。

なお「ピグマリオン」とは、ギリシャ神話に登場する王の名前に由来しています。彼は自分で作った彫刻の女性に恋をし、日々神に「彫刻を人間にしてほしい」と祈り続けた結果、願いが叶い、その彫刻と結婚して幸せに暮らしたという神話があります。つまり「信じていることが現実化する」ということを意味しています。

また、ピグマリオン効果とは正反対の意味を持つのがゴーレム効果です。

周囲が誤ってマイナスの印象を抱くと、実際にマイナスの方向へ結果が現れるという現象です。

例えば上述のテストの例とは逆に、教師が生徒と接する際に、この生徒は成績の良くない生徒だと思いながら期待度の低い状態で接すると、その期待通りにその生徒の成績が下がることがあります。
「ゴーレム」とはユダヤの伝説にある意思のない泥人形のことで、ゴーレムを作った主人の命令だけを忠実に実行する存在であることに由来しています。

さて、ピグマリオン効果もゴーレム効果もビジネスの世界においても同様のことが起きています。

例えば、上司から期待されている部下とそうでない部下とでは、期待をされている部下の方がより良い結果を出している例を、皆さんもよく目にしているはずです。これは、上司は期待している部下にはコミュニケーションを密にとるため、その際に、直接ノウハウを伝授されたり、叱咤激励されることで、部下のモチベーションが高まるためです。

皆さんも、まずはこういう事象が起こり得るのだということを理解し、人と接する上での必要以上の先入観、偏見は捨てるように努めましょう。

その上で、会社で上司の立場にある方は部下を信頼し、期待してあげること、また部下の立場にある方は上司の期待に応えられるように努力をすることが重要です。そうすることでより良い組織づくりが可能となるでしょう。

最終更新 ( 2010/04/21 12:37 )