ゲーム理論

「ゲーム理論」という言葉を聞いたことがありますか。これは、「マリオブラザース」や「ファイナルファンタジー」といったいわゆるゲームの理論ではなく、「特定のルールに従った際に(ゲームのような想定の際に)人はどのように行動するか」を理論的に構造化した考え方です。
この「ゲーム理論」はジョン・フォン・ノイマンとオスカー・モルゲンシュタインによって1944年に書かれた「ゲームの理論と経済行動」によって誕生しました。

この書物の中で、著者は、複数のプレーヤーがあるルールに従った行動する場合には、最終的な結果は自分の行動だけでなく、他の参加者の行動にも影響を受けることに注目しました。ですから、相手がある場合には、「自分がどのようにするか」と同じくらい、「他の参加者がどのように行動するか」を予測することが非常に大切であり、他の参加者がどのように行動するものかを理論的に体系的に理解する必要があります。


既存のフレームワークの多くが、外部環境の分析や今後の自社の戦略などを、「現在」という一断面から分析するのに対して、「ゲーム理論」は相手がどのように行動するかを構造的にとらえ、そこから、自らの行動を決定する、という点に特徴があると言えます。

このゲーム理論は、もともとは「ミクロ経済」に対する学問として研究がスタートしましたが、現在は、マクロ経済、国際貿易論など経済学のほとんどの分野に適用されています。

日々のビジネスのシーンにおいても、相手の出方がどうなるか分からないため、自分がどのような行動をとったら良いのか決断を下せないことがあると思います。

たとえば、自社とライバル企業とが競っている状況で、両社の違いが「価格」だけにあるような場合、自社が値下げをすれば売上が確実にあがることが目にみえているものの、自社が値下げすると、他社も値下げをしてくる可能性があるため、身動きが取れないといったケースです。

このような問題に直面した場合、どれだけ悩んだとしても、結局はどうして良いのか分からないまま、決断を先延ばしにしたり、勘に頼って決断してしまったりしてしまいます。 

また、何らかの行動をとって結果的に好ましい結論が出せたとしても、それがどのような要因によって成功したかわからないままであることが多いのではないでしょうか。


「ゲーム理論」は、このように相手がどのような行動に出るかわからないため、自らがどのように行動したら良いのかわからない場合の判断基準となりえる理論です。「ゲーム理論」を用いることで、相手の意思決定や行動といった本来は不確実なものを、フレームワークを用いて構造的に捕らえることが可能になります。

ここでは、「ゲーム理論」を理解するために、具体的な事例として「囚人のジレンマ」というゲーム理論を代表するテーマを取り上げます。



最終更新 ( 2010/05/11 14:15 )