ゴールドカード

 

 

 

 

 

 

 

 【PR】このコラムの著者たちがマトリクス(田の字図解)についての秘伝をキンドルにて出版しました【PR】

 

読者のみなさんはクレジットカードをお持ちですか?このサイトの読者の多くが、社会人でしょうから、多くの方が、クレジットカードをお持ちだと思います。社会人ともなると急な出費があったり、海外出張があったりと、クレジットカードはビジネスパーソンの必需品となっています。読者の皆さんの中には、券面が金色の「ゴールドカード」を持っている方も多数いらっしゃるのではないでしょうか。

 

この券面が金色の「ゴールドカード」。クレジットカード会社は「プレミアムクレジットカード」と呼んでいます。プレミアムクレジットカードとは、クレジットカード会社が発行しているカードのグレードのひとつです。

通常一般的に利用されているカードをクラシックカード(またはホワイトカード)といいます。そしてグレードがさらに上位の、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードを含めてプレミアムカードと呼びます。

通常、あまりこの「プレミアムカード」という表現を使うことがありませんが、世界中で良く使われている表現です。

一般的なクレジットカードの年会費は、無料から数千円位が相場ですが、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカード等のプレミアムカードの年会費は、多くの場合、1万円を超え、高いものだと10万円を超えるカードも存在します。

プレミアムカードの特徴は上記の通り、年会費が高いこと、利用限度額が無制限でいくらでも利用できること、国内旅行保険、海外旅行保険、ショッピングプロテクション等(購入物に対する保証)が通常より優遇されるといった点があります。またチケットや旅行手配などの各種予約も簡単に取る事も可能で、VIP待遇サービスなどもその一つになります。プレミアムカードを持つことは、ある種のステータスであるといわれています。

プレミアムカードは誰でも入会できるわけではありません。ゴールドカードの場合は、入会基準が厳しく、一定の水準を超えていないと入会審査で落とされます。これにより、ゴールドカードを所有すること=一定の水準以上の人物=ステータスという図式が成り立ちます。

また、プラチナカード、ブラックカードに至っては、自ら持ちたいと思っても持つことはできず、カード会社からの入会の依頼(通称「インビテーション」)があって初めて所有することができます。

このように、プレミアムカードを所有すること自体が、一種のステータスとなります。つまり、ユーザーの所有モチベーションは、「機能」や「お得感」ではなく、所有すること自体であり、「選ばれた存在であることの証明」こそが、動機となるのです。

このため、クレジットカード会社は、プレミアムカードに関しては、「機能」や「お得感」といった万人に受け入れられるためのサービスの拡張ではなく、いかにユーザーが「自分は選ばれた存在であるか」を実感してもらうようなサービスを提供しています。
たとえば、とあるプレミアムカードで提供しているサービスは以下の通りです。

○空港ラウンジサービス無料(国内外500カ所以上の空港ラウンジ)


○コンシェルジュデスク(フリーダイヤル、24時間、365日)
・・・専用の回線が引かれていることもある


○レストラン優待
・・・カード会社経由で予約した場合、2人以上の利用で1名分が無料)六本木「焼肉 綾小路」、赤坂見附「なだ万ホテルニューオータニ」、麻布十番「楼漫亭 鉄板焼」等々


○メンバーズセレクション
・・・選び抜かれた極上の逸品の中から、年に1回好きな商品をひとつ選び無料で利用いただける、会員限定の特別なサービス


○ジェット機チャーター手配


○クルーズ優待サービス


○海外エアライン優待サービス


○会員誌


○誕生日特別プレゼント
 ・・・文面例『お誕生日おめでとうございます
 日ごろより、※※をご愛顧賜り誠にありがとう
 ございます。貴方様への日頃の感謝の気持ちを込め
 ささやかではございますが、※※のシンボルである
 ペガサスをデザインした誕生日プレゼントをお送りいたします。
 貴方様が今後もさらに充実した時間をお過ごしいただけます
 よう心からお祈り申しあげます。 株式会社※※』

<参考情報>
年会費:52,500円(税込)原則、
<入会条件>年齢40歳以上、自家保有で年収1,500万円以上、資本金5,000万円以上の企業に10年以上継続勤務の役員・管理職の方、自営の方は、営業年数10年以上の経営者
<入会方法>カード会社からの招待のみ。

このサービス内容をみて、年会費がペイする、とか、上記サービスに5万円その価値があるのか、といった議論は全く持って無意味です。プレミアムカードユーザーが入会するのは、招待を受けたこと、そして、それを所有すること自体にステータスを感じるのです。「私は選ばれた人間である」という演出こそが求められているのです。つまりコストパフォーマンスなどとはまったく逆で、カードサービスの内容にそれほど意味がなければないほど(?)、大衆化せず、そのカードに入る人は少なくなり、その所有者は、お金に余裕があるということの証明になるのです。

これは、高級時計と同じ構造です。高級時計の場合も、たかだか時計にそれだけのお金をかけられる=ステータスがある、という図式が成り立ちます。だれもが、高級時計に高機能は求めていません。
「ゴールドカードに年会費分の価値があるとは思えない」というのは、
「「1万円の時計と時間の誤差がほぼ変わらないのに、高級時計がマンションと同額なのは無意味だ」、といっているのと一緒なのです。

このように、時計が「記号的」であるのと同様に、プレミアムカードは「記号」なのです。

これを実際のデータでも確認をしてみましょう。

※データ引用先『Myボイス調べ』
『クレジットカードの利用』
  【調査時期】2011年01月01日~01月05日     【回答者数】11,889名
『ゴールドカードの利用に関するアンケート調査』
  【調査時期】2004年05月01日~05月05日     【回答者数】15,203名

【ゴールドカードの所有率】

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴールドカードの所有は全体の13%です。30~50代では2割程度の所有率とな ります。年齢が高くなると、ステータスを求める傾向になることから、年齢が行くほどに所有率が高くなります。ちなみに、クレジットカード全般の所有率は85%程度です。

 

【クレジットカードの所有率】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ゴールドカードのメリット】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンケート結果でも、ゴールドカードのメリットは「ステータス」がトップです。それに比べて、クレジットカード全般では、「ステータス」はほぼ考慮されていません。ここまで述べてきたとおり、ステータスを意識する人がゴールドカードを所有しているといえるでしょう。

 

【クレジットカード選定時の重視点】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【PR】英語発音DVDを、このコラムの主催者㈱エデュケーションが発売。あなたのビジネス英語の発音をさらにブラッシュアップ!【PR】 

以上