SWOT分析

【PR】このコラムの著者たちがマトリクス(田の字図解)についての秘伝をキンドルにて出版しました【PR】

SWOT分析とは、組織(主に企業)が戦略立案を行う際に用いる分析手法です。
分析では、まず、その企業が持つ「強み(S=strengths)」と「弱み(W=weaknesses)」と、企業の外的環境に潜む「機会(O=opportunities)」と「脅威(T=threats)」を確認・評価することから、頭文字を用いて、「SWOT
(スウォット)分析」と名付けられました。(図1参照)





SWOT分析によって導き出されるのは大きく2つがあります。

(1)現状の本質をえぐり出す
(2)何をすべきかを見つけ出す

このように、SWOT分析は、経営戦略策定だけでなく、自分自身の仕事を分析することで、日々の仕事においても用いることができます。SWOT分析は、具体的には以下の順番で分析を行います。

①機会(O)と脅威(T)を整理する

自社が影響を受ける可能性のあるマクロ要因(政治・経済、社会情勢、技術進展、法的規制 など)とミクロ要因(市場規模・成長性、顧客の価値観、価格の傾向、競合他社、協力会社など)を列挙し、プラスに働く面(O)とマイナスに働く面(T)に分ける整理をします。(図2参照)

理する項目例としては、以下が代表的なものです。この整理をする際に、業界の動向、事業のKSFを意識することが重要です。

【主な項目】

<マクロ要因(主にPEST分析)>

Politics(政治方針、法律、条例、ガイドライン)

Economy(景気、金利、為替レート)

Society(人口統計、生活スタイル、流行、トレンド)

Technology(技術革新)

<ミクロ要因(5F)>


買い先(仕入れ先)関連

売り先(顧客)関連、需要の変化

新規参入

代替品
競合会社の寡占、乱立、業界の慣習