カッツ、ロバートL(Katz,Robert L.)

マネージャーに求められる能力の研究が知られる、ハーバード大学の教授です。
カッツは、マネージャーに必要な能力を、テクニカル・スキル、ヒューマン・スキル、コンセプチュアル・スキルの3つに分類しています。

 

1:テクニカル・スキル(業務遂行能力)

業務を遂行する上で必要な知識やスキルです。この能力は職務遂行能力とも言われ、その職務を遂行する上で必要となる専門的な知識や、業務処理能力を指します。職務内容により、その内容は異なってきます。
このスキルは、比較的若手(低位)のマネージャーに、より必要とされると言われてきましたが、最近は上位のマネージャーにも高度な業務知識が必須であると考えられています。
 

2:ヒューマン・スキル(対人関係能力)
人間関係を管理するスキルで、相手の言動を観察、分析し、その目的を達成するために、相手に対してどのようなコミュニケーションや働きかけをするかを判断、実行できるスキルです。このスキルは単なるコミュニケーションではなく、「目的に向かって」相手や集団に働きかけ相互作用していく力で、具体的なスキルとして、リーダーシップ/コミュニケーション/ファシリテーション/コーチング/プレゼンテーション/交渉力/調整力が挙げられます。

 

3:コンセプチュアル・スキル(概念化能力)
周囲で起こっている事柄や状況を構造的、概念的に捉え、事柄や問題の本質を見極める力です。このスキルは概念化能力とも言われ、抽象的な考えや物事の大枠を理解する力を指し、具体的には論理思考力、問題解決力、応用力などが挙げられます。

 

この3つのスキルとマネジメントレベルには関係性があり、低い層ではテクニカル・スキルが特に重要と考えられ、マネジメントレベルの階層が高くなるほど、ヒューマン・スキルやコンセプチュアル・スキルの重要性が増すと考えられています。
しかし、テクニカル・スキルについては、
最近は上位のマネージャーにも高度な業務知識が必須であると考えられており、マネージャーに求められるレベルは高まっていると言えます。